初めての方へカートを見るログインご利用案内お問い合せサイトマップ
RSS
 
麻炭ヘッダー

麻炭イメージ

原料となる麻炭粉は、中国にて自然栽培された固定種(品種改良ではない)の麻幹から作られています。

そこへ、複数のハーブ&有用微生物群(善玉菌)で作られたEM-S酵素と、宮古島の大地と太陽のエネルギーが加わり、還元〜活性〜熟成のプロセスを経て「EM-S酵素活性麻炭」は生まれます。

※EM-S酵素とは、ヘンプシードや黒焼き玄米、大蒜、パパイヤなど数十種類のハーブと有用微生物群をベースに作られる飲料用の酵素培養液です。

麻炭の多孔質性は、備長炭のおよそ4倍、孟宗竹の1.6倍あり、機械を使わずに手で押しつぶすだけでも、超微粒子のパウダー状になりますので、通常の活性炭を作る時のように薬品処理・ガス処理を必要とせず環境に負荷をかけることなく生産が可能です。

有用微生物から分泌された酵素と麻炭の相乗効果により身体や大地の循環が始まります。「EM-S酵素活性麻炭」の持つ麻力は、安全無害を前提に、計り知れない多様性があり、これまでに数多くの方から様々な体験が報告されています。

原材料: ヘンプ、EM菌酵素

製造元: 宮古島 salon de hemp  

※食用を前提に作られていますが日本国内には食用の炭という認可は存在しません。その為天然原料を使用した「食品添加物」という扱いになっておりますので、ご使用は自己責任にてお願いいたします。


商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜4件 (全4件)

1件〜4件 (全4件)

ページトップへ